求人は広い視野で見るべし

求人は広い視野で見るべしのイメージ画像

仕事を探すために、求人誌や求人サイトをチェックする際には、

まずは視野を広く持つことが大切です。

条件などで絞り込んで狭い範囲しか見ないでいると、せっかくの好条件の求人を見逃してしまいかねません。

とは言え、まずは項目別になっている求人から自分の希望の職種を探す人が多いでしょう。

しかし、そこで一部の求人しか見ないことは、チャンスを逃しているも同然です。

また、「自分にはこの仕事が向いている」という決めつけや「この業界の求人が出るまで待とう」などと尻込みするのも同様に良い仕事と出会える可能性を狭めていると言えます。

自分が慣れている、よく知っている職種の方が働きやすいかもしれませんが、世の中に仕事はたくさんあります。

しかし、慣れた仕事ということは、以前に就いたことがある仕事であり、それを辞めた理由を考えれば、より自分に合った仕事があるのでは?
と考えるべきではないでしょうか。

自分に合う別の仕事がある、もっと待遇の良い職場があるかもしれない。
それを見つけるためにも広い視野が必要なのだということを心しておきましょう。

もし、以前の仕事を辞めた理由が「職種は合っていたが、待遇が合わなかった」ということであれば、職種別の求人から探すのもいいかもしれません。

しかし、それ以外の理由であれば、自分の新たな可能性を見出すためにも、求人情報はできるだけ様々な業界や職種のものに目を通してみてください。

新しい職種に挑戦するのは勇気が要ることですが、同じ仕事に就いて同じ理由で辞めるよりは、もっと自分に合った仕事、賃金や福利厚生的にも条件のいい仕事を探し、挑戦する方が良いのではないでしょうか?

全ての条件が良く、恵まれた求人なんてそうそうありませんが、ストレスや負担は少しでも少なく、条件はひとつでもいい求人を見つける、その努力をしないと後悔することになるかもしれません。

ぜひ、業界や職種にこだわらずにたくさんの求人に目を通してみてください。