カフェの求人条件でどう変わるか

コーヒーを淹れる男性店員

求人広告では「働き甲斐のある仕事です!」などという謳い文句もよく目にします

が、「働き甲斐」とは仕事の内容や保障、それに見合う対価が得られてこそのものです。

仕事を選ぶ際には、上記のどれも大切なポイントであり、後回しにすべきではありません。

ですがバランスのとれた好条件の求人などはそう簡単に見つからないため、どうしても給与や勤務形態などのどこか一点に比重を置いて見てしまうのも仕方ないでしょう。

現在、仕事を探している人は、「自分が働きたい」業界や職種を基準にして求人情報を見ていませんか?

職種を基準にして仕事を探す若者などに人気が高いのは、なんといっても飲食店やカフェなどの求人でしょう。

若い世代から飲食業の仕事が人気のある理由は様々ですが、オフィスワークに比べて時間の融通が利きますし、おしゃれな制服が着られること、独特の略称でオーダーを通す姿などがかっこいい、など、そのような飲食店やカフェで働くことを「花形の仕事」だと捉える風潮もあるのでしょう。

反対に、同じ飲食店やカフェの求人でも、厨房や裏方の求人は応募が少ないものです。

同じ店でも職種によって求人の倍率は違います。

どちらかというと厨房や裏方の仕事の方が賃金や条件が良くても、やはり人前に出てキビキビと働く花形の仕事は人気があるものです。

もちろん、花形の仕事だからという理由で仕事を選ぶのは悪いことではありません。仕事をする際に「充実感」を得ることはとても大切だからです。
ですが、どれだけ充実感があっても、それに見合う対価がなければ不満が募るものです。

それにいざという時の備えがなければ、ずっと働き続けられるかどうか不安になるでしょう。

職種別の求人で仕事を探す際は、「自分がやりたい仕事かどうか」以外の、その他の条件もしっかり考慮しましょう。

人気の高い求人が出ているからとすぐに飛びつくのではなく、それで自分の生活がどう変わるかを考えてから応募することをお勧めします。